消費税10%と軽減税率【消費税改正①】

消費税は10%へ


来年 = 2019年10月から、消費税が10%に上がります。

これまで何度も延期になってきましたが、もうこれ以上は延びないだろう、といわれています。

また、この改正と同時に、食料品などは8%のまま据え置きになります。

これが、軽減税率とよばれるものです。

 

軽減税率とは


10%へ増税後も、8%のままで買えるのは、以下の2点だけです。

(1) 飲食料品(酒、外食はのぞく)

(2) 定期購読の新聞(週2回以上発行されるものに限る)

たとえば、「重曹」は、食品用として売られるものなら、8%で買えますが、
お掃除用として売られるものは10%、という不思議なことが起こりそうです!

食料品をあつかう事業者さんは、レジなどのシステムを見直す必要がありますので、
はやめに対策を進めていただくことを、オススメします。

ちなみに、(2)の新聞は、定期購読なら8%ですが、駅の売店で買うと10%です。
電子版とよばれる新聞も、10%です。

 

↓↓↓軽減税率についてわかりやすくまとまっている冊子がありますので、どうぞご覧ください。

【日本商工会議所/中小企業のための消費税軽減税率対策】
https://www.jcci.or.jp/chusho/2016.sasshi.kaitei.pdf

 

領収書・請求書が大きく変わります


消費税の改正にともない、領収書・請求書についても、改正があります。

10%と8%が混在するわけですから、それぞれの税率に対応する金額がいくらなのか、
ということはもちろん記載することになりますが、もう一点、それよりも重要なことがあります。

通常、事業者は、売上に含まれている消費税から、費用に含まれる消費税をひいた残りの消費税について計算し、確定申告&納税をします。

ところが、2023年10月からは、「適格請求書等(領収書含む)=インボイス」 という
新しい形式の領収書・請求書を保存しないと、費用に含まれる消費税を控除できない
ということになるのです。

↑会計入力のときに、「課税仕入れ」の処理ができない、ということです。

なお、消費税が10%となる2019年10月から、「適格請求書等(インボイス)」がスタートする2023年9月までの期間は、「適格請求書等(インボイス)」よりもゆるい「区分記載請求書等」でよいですよ、ということになっていて、これは現行のスタイルとほぼ変わりません(詳細は省きます)。

そして、ここから派生する大きな問題があるのですが、これは次回といたします。